交通事故の治療で整骨院に通院してはいけないと保険会社、病院の先生から言われた方へ

まず、初めにお伝えしたい事は、

『治療をする医療機関は被害者に選択する権利がある』

という事です。

StartFragment

整骨院で交通事故の治療をすることは法律で認められた権利のため、必ず被害者の意思が尊重されなくてはいけません。

しかし、保険会社や病院の先生から通院しようとしている整骨院を拒否されるケースが増えています。拒否された場合のそれぞれの対処法をご説明します。

・保険会社に整骨院への通院を拒否された場合

まず初めに、なぜ整骨院への通院を拒否するのか?という疑問についてお答えいたします。
それは「早く被害者の交通事故治療を打ち切りたい」からという思惑があるからです。

整形外科では治療内容が電気やシップといったものになり、診療時間も短い所が多く待ち時間が非常に長くなるので頻繁に通院しにくいです。それに対し整骨院では、手技療法が中心で待ち時間も少ないです。

そのため、被害者は整骨院の方が通院しやすくより細やかな治療を受けやすいというメリットがあります。ただ、保険担当者としては整骨院への通院はさせたくないのです。

なぜなら、保険担当者の仕事は「被害者への補償額を低くすること」です。病院より通院しやすい整骨院に行かれたのでは治療費が高くなりやすく、担当者自身の成績に影響します

このようなことから被害者の補償を第一に考えるのではなく、保険会社としての利益を最優先するために整骨院への通院を拒否していると考えられます。

整骨院の通院を拒否された方でも、最終的には全ての被害者の方がふじい鍼灸整骨院での治療を認められています。

・病院の先生に整骨院への通院を拒否された場合

病院の先生に整骨院を拒否される場合の多くは、被害者が保険担当者に「病院から同意書をもらわないと整骨院への通院はしないで下さい」と言われることです。

前述した通り、保険会社としては整骨院よりも整形外科へ通院してくれた方が補償額が低くなりやすいという事もあり、できるだけ整骨院へは行かせないようにしてきます。

ですので、保険会社担当者はわざわざ病院から整骨院で治療を受ける為の同意書をもらうように言う事があります。

すぐに同意書を書いてくれる病院をご存知の方は問題ないのですが、病院や医師によっては同意書を書いてくれないと言う事も多々あるのが現状です。

けれど、治療を受ける権利を諦めないで下さい。

保険会社や病院の言いなりになっていては、被害者は納得のいく治療を受けられず泣き寝入りするリスクが高くなります。

もし、病院に同意書を拒否されても当院へご相談ください。ふじい鍼灸整骨院からの紹介であれば同意書を書いてくれる病院がありますので、ご紹介させていただきます。

あなたがしっかりとした治療を受けて早期治癒できることを心より願っております。

お困りの際はまずご相談下さいませ。

ふじい鍼灸整骨院    院長   藤井 富

交通事故治療なら夜11時まで診療

土、日、祝も365日24時間対応

院のすぐ前に無料駐車場完備ふじい鍼灸整骨院まで

EndFragment


最新記事
アーカイブ