住之江区 訪問鍼灸

HOME > 往診治療

住之江区 訪問鍼灸
住之江区 訪問鍼灸

健康保険証を使ってご自宅で治療が受けられます

このようなことでお困りではありませんか

整骨院 住之江区

病院や治療院に行きたいが一人では通えない

整骨院 住之江区

痛みやしびれが強く歩くのが困難

整骨院 住之江区

このままではますます動けなくなるんじゃないかと心配

整骨院 住之江区

リハビリが必要だけど介護保険の枠が足りない

整骨院 住之江区

実費のマッサージは高額で続けられない

整骨院 住之江区

体の不自由な家族にマッサージを受けさせたい

住之江区 訪問鍼灸

対象となる方

1. 足・腰などに痛みがあり、通院しての治療が困難な方

2. 歩行時に杖などの補助具が必要な方

3. 病気やケガで寝たきりか、それに近い状態の方

4. 手足の筋肉の麻痺や、関節の動きが悪い方

5. その他、医師が医療上必要と診断された方

脳血管性疾患・パーキンソン病・筋萎縮側索硬化症・脊髄小脳変性症などの疾患がある方や、長い間の痛みやつらい箇所がある方など、特定疾病以外にも適応疾患がございます、我慢せずにお気軽にご相談ください。

・神経痛

 痛みやしびれ、座骨神経痛

・頚腕症候群

 首・肩・腕の痛み、こり感、しびれ

・リウマチ

 関節が腫れて痛むもの

・五十肩

 肩の関節が痛く、腕が上がらない

・腰痛症

 腰の痛み、しびれなど

・頚椎捻挫後遺症

 首の外傷、むちうち症などの後遺症

鍼灸6疾患(特定疾病)

病名に関わらず麻痺や関節の動きが悪い、歩行困難な方などお気軽にご相談ください

料金について

保険の種類

負担額

後期高齢者医療費保険の方

1割負担の場合、400~500円/回

国保・社保・共済組合の方

福祉医療・障害者医療受給者

各種保険の定める負担額  1割負担の場合、400~500円/回

自己負担はありません

生活保護の方

自己負担はありません

※料金は患者様の症状や施術内容によって変わります。
※医療証をお持ちの方は月額最高3,000円でご利用頂けます。

無料体験もできます!

初めての方でご不安などあれば、まずはお気軽に無料体験ください。

施術時間は15分~20分です。(実費治療で時間を延長する事も可能です)
一回の訪問で複数の患者様の治療も可能です。
老人ホームなどの施設に御入居されておられる方はご友人と一緒に治療もできます。

往診出張エリア

住之江区 訪問鍼灸

当院より周囲10kmまで往診可能です

往診出張エリアに関しましてもお気軽にご相談ください

ご利用方法

面倒な手続きもすべてサポートさせて頂きますのでご安心ください

整骨院 住之江区

先ずはお電話かメールフォームよりご連絡ください

先ずは症状をお聞きし、初回の無料説明のご訪問日をご予約いただきます

整骨院 住之江区

ご訪問し、保険適用に必要な同意書の取得方法を説明させていただきます

すでに同意書をお持ちの方はすぐに治療が始められます

整骨院 住之江区

往診の日を決めて治療開始いたします

事前に同意書をご用意いただける方はこちらからダウンロード頂けます →

自費治療も可能です

当院院長が、実費治療による「出張治療」「往診」も行なっております。

施術料金    30分:6,000円  50分:9,000円

「もっとじっくり」という方はそれ以上のお時間もご相談下さいませ

交通費     当院より4キロ以内は交通費無料!

4キロ以上離れている方もお気軽にご相談下さいませ

長期にわたる介護は、本人もご家族も本当に大変ですよね

ふじい鍼灸整骨院では、一般家庭はもちろんですが高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム(特養)、介護老人保健施設(老健)、ケアハウス、老人ホームなどの施設にご入居されておられる方にも出張致します。

介護でご苦労されておられるご家族の方、ケアマネージャー、担当看護師の方もお気軽にご相談ください。

間もなく2019年「G20サミット」が行われる住之江区ってどんな町?

年の6月に住之江区のインテックス大阪でG20サミット首脳会議が開催されます。

当日は、各国の代表団やメディア関係の方など、住之江区におよそ3万人の方が訪れると予想されます。

​ふじい鍼灸整骨院も長年住之江区で治療院をしておりますので、そんな住之江区の歴史など少しご紹介したいと思います。

e184304c9b55c866de449596d3a5eb2d_s.jpg

インテックス大阪

大阪市住之江区南港北1丁目5

住之江区の位置

大阪市の南西部に位置し、北を大正区と西成区に、東を住吉区に接し、南は大和川を隔てて堺市に隣接し、西は大阪港にひらけています。

住之江区の面積

20.77 ㎢ ※大阪市の24区で最大

住之江区の人口

約、125,500人

男性:約、60,100人

女性:約、65,400人

住之江区の花

さざんか

住之江区の歴史

古くは、住之江区の大半は海で、江戸時代に洪水の被害が多かった旧大和川のつけかえ工事が行なわれたことで洪水があさまり、上流から流されてくる土砂が次第に陸地を築いていったようです。

その後、土砂で浅瀬になった部分をさらに埋め立てて田畑を作る新田開発が活発に行なわれ、明治時代になっても埋め立ては進みました。

1889年に町村制が施行されると、現在の区域に墨江村や敷津村など4つの町村が成立し、1925年に大阪市住吉区に編入されました。

1934年の室戸台風、1945年の太平洋戦争と区域一帯は2回の大きな被害を受け、復興が望まれました。

戦後は市営住宅の建設が始まり、田畑は住宅地に変わり、次第に町が形成され病院や学校などの生活施設も増加していきました。

そして、1974年に住吉区から分離独立して住之江区が誕生したとことです。