交通事故治療を夜11時まで診療する理由その②《住之江で夜遅くまで診療している整骨院》

先日に引き続き、なぜ交通事故治療の診療時間を夜遅くまで行っているのかについて簡潔に書いていきます。

まず、交通事故によるケガは前回のブログでご紹介したように後遺症を残すことがありご自身が思っている以上に深刻な事が多々あります。その事を前提にお話しさせて頂きます。

交通事故にあった場合の多くは、自賠責保険(交通事故の保険)を使って治療します。

自賠責保険については、また次回詳しくお話しさせて頂きますのでここでは割愛させて頂きますが、交通事故によるケガを患者様の負担金が0円で治療できる保険の事です。

つまり、当院で交通事故の治療を受けられる患者様は治療費がかからないです。当院では通常9,000円で行っている治療を交通事故の治療を受けられている患者様には0円でお受け頂いております。

しかし、自賠責保険で治療を行う場合は基本的に交通事故の示談が成立するまでにケガを治すことが望ましいです。

という事は、交通事故でケガをしてからいつまでもほっておいて、

『その内時間が出来た時にでも治療を受ければ良いか…』

というわけにはなかなか出来ないのが現状です。

例えば、五十肩などの日常生活などが原因の痛みであれば

『今は少し痛いけどまだ今は忙しいからもう少し我慢してまた治療に通える時間が出来た時や痛みが強くなって我慢出来なくなったら治療を受けよう…』

でも、治療を受けるという点に関しては特に問題はありません。

そこが、交通事故のケガと交通事故以外のケガや痛みの治療計画の違いです。

特に交通事故の治療は、受傷後出来るだけ早期に

始めて早期の治癒を目指す事が大切だと考えております。

交通事故でお困りの際はどのような事でも構いませんのでお気軽にご相談下さいませ。

交通事故治療、美容鍼灸、花粉症・アトピー治療・難治性の頭痛・首・肩・腰の治療、のことなら、

大阪市住之江区で夜遅くまで診療しているふじい鍼灸整骨院 へ


最新記事
アーカイブ